お客さま写真館端午の節句

2022年端午の節句:浜松市中区・高見様

*お客様からのコメント

洋室にも違和感なく溶け込むデザインの兜気に入りました。毎年、飾ってお祝いしたいと思います。豊富な品揃えで納得する五月飾りを購入でき、大変感謝しております。ありがとうございました。

———————————————————————————————————————-

伊達政宗公の兜収納飾りです。白木の収納箱セットは今年のお節句のトレンドで大人気でした。お客様のコメントにもございましたが、洋室にもぴったりとマッチすることで、フローリング、白い壁のお家が圧倒的に多い現代の若夫婦様の琴線に触れたようです。

とは言え、こちらの作品は新しいライフスタイルに合わせた流行を追うだけの品ではなく、兜に用いられた「印伝革」や、手漉き和紙を使った屏風、そして屏風と飾台の青海波模様など、日本の伝統工芸と古典柄を基本としているところが最大の特徴です。

日本古来のデザインや技術が新素材と融合することで、節句業界に新たな伝統が生み出されました。これからの「お節句」を考える上で大きな礎になることと思います。

このシリーズをお求め頂いた方々からたくさんのお喜びの声を頂き、とても嬉しく思います。高見様にも気に入って頂けたようで何よりです。

赤ちゃんもじっくりと兜をご覧になっていますね。「ぼくの兜」に興味津々でしょうか。来年は自分で手を伸ばして被ってしまいそうです。きっと良い思い出になるでしょうね。ご両親様と政宗公に見守られて、素敵な青年にご成長される日が楽しみです。

ご家族の幸せなひとときがおさめられたお写真をありがとうございました。輝ける未来へのスタートを写した一枚。どうぞいつまでも大切にされてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP