お客さま写真館端午の節句

2021年端午の節句:浜松市北区・藤森様

金色に輝く三日月の前立が凛々しい伊達政宗公の鎧飾りです。

本物の政宗公の鎧は仙台市博物館に所蔵されていますが、こちらの鎧は実物をベースに金具類をお節句らしく華やかにアレンジしています。
甲冑師・翠鳳の自信作として、毎年ご好評を頂いております。

二曲の屏風に描かれた日輪と富士山も鎧を華やかに彩っていますね。
赤ちゃんもとても満足そうです。

粋な男性を象徴する「だて男」という言葉は、伊達政宗公が由来。
ぱっちりお目々の赤ちゃんは、とってもイケメンで、将来の伊達男ぶりが目に浮かびます。

外見も内面もカッコいい男の子に成長されることでしょう。ママが惚れちゃうかもしれませんね。

そんな素敵な男性になる日まで、政宗公がボディガードとして活躍してくれますよ。
毎年大切に飾ってくださいね。

おじいちゃん。おばあちゃんの想いが込められた鎧飾りに見守られて、元気に大きくなられますことをお祈りしております。

どうもありがとうございました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP