雛人形

黄櫨染の御袍

昨日、お雛さまの菊塵の衣装をご紹介致しましたので、「黄櫨染」もご紹介します。
黄櫨染(こうろせん)は、天皇が即位の礼でお召しになる衣装です。金茶色の織物に独特な文様が施されています。
「桐竹鳳凰」という文様が良く使われますが、その名の通り、桐と竹と鳳凰が刺繍などによって表されています。
桐の中に住み、竹の実を食べる鳳凰は、正しい政治が行われると姿を現すと言われていて、天皇を象徴する文様として古くから用いられています。
「黄櫨染の御袍」は雛人形でも代表的な衣裳で、特に京都では圧倒的な人気を誇っています。同系色である金屏風にも映え、「流行」という言葉から超越した存在で、いつの時代でもお雛さまの衣裳の最高峰として君臨しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP