五月人形

真田幸村

五月飾りの鎧兜でここ数年、徳川家康、伊達政宗に次いで人気があるのが真田幸村です。
大坂の陣で亡くなってしまった悲運の武将ということで、かつてはお節句に飾ることを躊躇う方もいらっしゃったのですが、近年は、その知的なイメージと、最後まで豊臣方に忠義を尽くした人柄に惚れる方のほうが多いようです。
幸村公の甲冑は写真のような赤備をイメージされる方が多いようで、実際お節句用に制作されているものも、赤い鎧兜が多いのですが、これは真田部隊が赤備の鎧で統一していたためと思われ、幸村公の鎧が実際に赤であったかは定かでありません。

ということで、当店では黒い真田幸村公の兜も取り扱っております。
いずれも残り少なくなっておりますので、品切れの際はご了承ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP