五月人形

片倉景綱公の兜

武将モデルが全盛の端午の節句鎧兜ですが、中でもマニアックなのが「片倉小十郎景綱」の兜です。
伊達政宗の重臣として知る人ぞ知る存在ですが、これまで五月人形の世界には登場することはありませんでした。
昨今の武将ブームに乗って、今期、甲冑師雄山が制作し、全国に広まった作品です。
景綱自身は、豊富な経験で政宗をサポートし、秀吉や家康からの誘いも断って伊達家の家臣を貫いた名将として若い方に人気が高いと聞きます。
ゆるぎない信頼感が、混沌とした現代社会に希望を与えるのかもしれません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP