五月人形

榊原康政公の鎧

ここ数年、五月人形に色々な武将の鎧兜が登場するようになりましたが、その中でもレアと言えるのが「榊原康政公モデル」です。
康政公は、徳川家康に仕えた「徳川四天王」のひとりです。
常に徳川軍の先鋒を務めた勇猛な人物といわれ、晩年は群馬・館林の城主となりました。
本多忠勝公や井伊直政公に比べると知名度は高くありませんが、熱烈なファンの方が多く、これまでにもリクエストを頂いております。
これまで製造していた「兜飾り」が製造終了となりましたので、今年は鎧を企画してみました。
デザインは東京国立博物館に所蔵されている鎧をもとにしています。
前立の大きな剣が特徴で、シンプルでありながら華麗な美しさを放つ上品な鎧です。
この鎧を見ると、康政公はなかなかお洒落な方であったように推測されます。
凛とした姿の鎧は、お節句のお祝にもふさわしいと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP