五月人形

平清盛・唐皮の鎧

今年のNHK大河ドラマ「平清盛」にちなんだお節句鎧が、甲冑師・雄山によって再現されました。
「唐皮の鎧」は、平家物語等に記されている平家重代の宝で、平清盛に授けられたと伝わる幻の鎧です。
小札部分をつなぐ「縅」が、糸ではなく革で出来ているのが特徴です。
秋に葉が紅葉すると黄色から鮮やかな赤になりますが、その色の変化を表現した色彩となっています。
兜と胴のみの「奉納鎧」で、本体サイズも20×15×h34cm(約)とコンパクト。収納する鎧櫃を含めても高さ約55cmなので、飾る場所もとりません。
男の子の初節句をお祝するのに相応しい、重厚さと華やかさを兼ね備えた逸品です。
是非、一度ご高覧ください。
本日は大安の祝日。寿月すみたやは19時まで営業致しております。
皆様のご来店をお待ちしております。

*こちらの商品は完売となりました。どうも有難うございました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP