日記

子ども達にかける思いは万国共通

スタッフS氏が久しぶりにブログを書いてくれました。その思いを受け取ってください。

ただいま当店は端午の節句にむけて鎧兜の展示販売の真っ最中です。
2月後半からたくさんのお客様にご来店いただいております。
5月5日までは無休で営業しております。皆様のご来店をお待ちしております。

話は変わりますが、現在、世界の情勢は緊迫しております。
どんな理由があったとしても、戦争は絶対にあってはならないと声を上げなければいけないと思います。
戦争で一番苦しむのは一般市民です。
攻撃をされた側の国も、(民意を無視して国が勝手に)攻撃を仕掛けた側の国も、苦しむのはその国の一般市民なのです。

わたしはどちらの国の市民の皆さんも1日も早く平穏な暮らしを送れることを切に願っています。

こちらはウクライナの絵本「てぶくろ」とそのお話を題材にした「おはなし組木」です。

「てぶくろ」のお話は、猟師が落とした手袋に、暖を求めていろんな動物達が入っていき最後にはギュウギュウになってしまうというほのぼのしたお話。
でも、現実には捕食関係にある動物達が、種族や身体の大きさ関係なく、譲り合って一緒に手袋に入ろうとするところがなんともいえない温かさを感じます。

そしてこちらは、言わずと知れた大ヒットカードゲーム「ナンジャモンジャ」。

カードをめくって、出てきたキャラクターに名前をつけていき、同じキャラクターが出てきたらその名前を叫んでカードをゲットするという簡単ルールだけどとても盛り上がる大定番のヒットゲームです。
こちらはロシアで生まれたゲームなんです。

当店にて取り扱っている商品で、両国に関わりのあるものを取り上げてみました。
どちらも、子ども達に「楽しんでもらいたい」という思いが込められた作品だと思います。
子ども達が元気に健やかに育ってほしいという願いは万国共通なんだなぁと改めて思います。

こんな事態が一刻も早く終わり、どちらの国の市民の皆さん、子ども達が、平穏に暮らせるときが来ることを心から願ってやみません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP