木のおもちゃ

似顔絵探偵

おはようございます。寿月すみたやです。
日々の雑務に追われブログ更新が滞っております。・・・
今日は18時半から第14回目の「おとなが楽しむアナログゲーム」(通称ゲームナイト)を開催します。
現在、定員丁度の10名の方が参加予定ですが、多少の増員は問題ありませんので、飛び入りでのご参加も歓迎致します。
18歳以上の方ならばおひとりでも大丈夫です。
時間は一応18時30分から21時30分までですが、いつものように延長予定です。参加費はおひとり500円です。
途中からのご参加、途中での退出も可能です。
参加ご希望の方は053-453-8111までお電話ください。
さて、そんなわけで今日は前々回人気を博したゲーム「似顔絵探偵」をご紹介します。
似顔絵探偵,カードゲーム,JoyntGameFactory,アナログゲーム
プレイヤーの1人が順番に探偵役を務め、容疑者の確保に挑むカードゲームです。
探偵役以外の人は目撃者となり、探偵に容疑者の特徴を伝えます。探偵はそれを聞いてモンタージュ写真を作成し、容疑者を絞り込まなくてはなりません。
ランダムに引かれた「容疑者カード」を目撃者たちは見て覚え、探偵に伝えるのですが、「顔の輪郭」「目」「鼻」「口」など、どこのパーツを探偵に伝えるかは、容疑者カードを見終わった後で配られるパーツカードにより決められるので、中には曖昧にしか覚えていない部分も出て来ます。
似顔絵探偵,アナログゲーム,JoyntGameFactory
目撃者全員からの聞き込みが完了し、手配書が完成したら、探偵は出来上がった手配書を基に48人の容疑者の中から犯人を割り出さなくてはなりません。
似顔絵探偵,アナログゲーム,JoyntGameFactory
似顔絵探偵,アナログゲーム,JoyntGameFactory
「こいつだ」と思った容疑者が決まったら、探偵はそのカードを取って「確保」と叫びます。
目撃者たちは、選んだ犯人が正しいか間違っているかを探偵に告げましょう。
似顔絵探偵,アナログゲーム,JoyntGameFactory
見事に正解を当てた探偵は、その手配書をポイントとして獲得できます。
そのあとで探偵は、最も参考になったと思う目撃証言をした目撃者を一人選んで、今回の容疑者カードを渡します。
こちらもカードを貰った人のポイントとなります。
もし、探偵が間違えてしまった場合は、探偵にはポイントが入りません。
探偵は、「自分は間違えてしまったけれど、この人たちの証言は優秀だった。」と思う目撃者を2人選び、その人たちに手配書と容疑者カードを渡します。
これで1つのラウンドが終わりです。
探偵は、まだ探偵をしていないプレイヤーの中から、容疑者カード、手配書の手持ちが少ない人を探偵役に指名して次のラウンドが始まります。
全員が探偵を経験したらゲーム終了。一番たくさんの容疑者カード、手配書を受け取ったプレイヤーが優勝となります。
本来、目撃者が容疑者カードを見ることが出来るのは5秒間。探偵が手配書を基に容疑者を確保できるのは1分以内。というルールですが、今回は時間制限をゆるくしたので、容疑者の確保に成功する探偵さんが結構多かったです。
ゲームの対象年齢は9歳位からですが、低年齢のお子さんがプレイする時は、このように時間のしばりをゆるくすると良いと思います。
さらに「似顔絵探偵」には第2ゲームも存在します。
出来上がった手配書の表面に確保に「成功」したか「失敗」したかを記入し、裏目面に容疑者カードの番号を記入しておいて、それまでに作られた手配書を全て取っておきましょう。
全ての容疑者カードをテーブルにランダムに広げ、過去に遊んだ時に描かれた手配書を1枚ずつ場に出して、全員でかるた取りのように容疑者を探します。
似顔絵探偵,アナログゲーム,JoyntGameFactory,すみたやゲームナイト
正しい容疑者を確保できた人は、その手配書を獲得できます。
10枚の手配書で同様に遊んで、一番たくさんの手配書を獲得した人が優勝です。
絵の上手い下手、に関わらず楽しめる「似顔絵探偵」は税込2500円です。
というわけで、本日も18時まで皆様のご来店をお待ちしております。
ちなみにゲームナイトは閉店後の開催です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP