雛人形

七段飾り

お正月飾りのピークが近づき、今日はお節句関係のお客様もたくさんお見えになりました。
お雛さまをご覧になる方も多い今日この頃ですが、全国的にお雛さま飾りの主流は、もっぱら三段飾りや親王飾りになり、昔ながらの七段飾りは減少しつつあります。
一般的な七段飾りを飾ると、たたみ二畳分くらいのスペースが必要なので、近年の住宅事情には合わないサイズなのかもしれません。
しかしながら、京都御所での式典風景を映した七段十五人飾りは、江戸時代から続く伝統的なひな飾りであり、赤ちゃんや小さな女の子が最も喜ぶおひなさまです。
「おひなさまは七段飾り」とおっしゃる方もまだまだいらっしゃいますので、当店では13セットの十五人揃いを展示しております。
その中で、ひとりでも多くの方に七段飾りを飾っていただくために、特にお値打ちな価格でご提供させていただいている品もございます。
写真の品は間口105cm、奥行140cm、高さ148cmの品で、年内ご予約特別価格120000円で販売しております。
お人形のお顔は岩槻・鈴木隆作の石膏頭を使用し、衣裳は京都西陣織りの金襴で仕立てあります。
七段飾りを飾ってみようかな。という方もそうでない方も、是非一度ご覧になってください。
ご来店お待ちしております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP