五月人形

一の谷兜

五月人形の鎧兜も近年個性的な品が増えてきました。
当地は徳川家康公が浜松城に居城していたことから、お膝元として家康公の兜の人気が高いのですが、通常の羊歯前立がついた品以外にも、写真のような兜があります。
「一の谷形兜」といわれ、実物は東京国立博物館に所蔵されています。
兜の上の張懸を「一の谷」と呼び、その後ろに大きな「釘」を後立として付けています。
釘は物を貫くことから、武士が戦場で力を発揮できるように。との縁起かつぎで好まれたようです。
(学習研究社・図説戦国甲冑集より)
お節句の品としてはマニアックですが、凛とした姿に惚れる男性の方は結構いらっしゃいます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP