アナログゲーム

ボブジテン在庫僅少。

おはようございます。節句人形と木のおもちゃ・寿月すみたやです。
一昨日2月9日のズームインサタデーでボードゲームが紹介されました。
その影響もあってか、この土日はおひなさまをご覧のお客様とともに、ボードゲームをお買い求めに見えるお客様が多かったです。
番組で紹介されたボードゲーム、カードゲームを総称して「アナログゲーム」と呼ぶことが多くなりましたが、
近年、アナログゲーム人気は若い方を中心にかなり盛り上がりを見せており、現在日本国内で流通しているアナログゲームは、
ドイツ、フランス、アメリカなど欧米諸国の作品や日本国産の品を合わせて、約3000種類はあると思います。
寿月すみたやでは、小さなお子様から大人まで楽しめる「あまり重くない」作品を中心に、常時450種類ほどのアナログゲームを店頭にそろえております。
多分、静岡県西部では一番の品揃えと自負しております。
店頭のゲームはその殆どを手に取って、中味をご覧いただくことが出来ます。
必要とあらば、もちろん説明もさせて頂きます。 (ゲーム担当スタッフが不在、接客中の場合はすみませんがご了承ください。)
寿月すみたやでは、店頭に常時450種類以上のボードゲーム、カードゲームを取り揃えております
ズムサタで中尾さんがプレイしていた「ボブジテン」も取り扱っております。
これまでも大人気でしたが、番組の影響でこの週末に再熱。店頭在庫があっという間に残り少なくなってしまいました。
ボブジテン,カードゲーム,アナログゲーム,寿月すみたや
一言で言うと、「カタカナ語を日本語だけで説明する」ゲームです。
日本語を勉強中のボブ君は、多くの外来語が日本語に訳されずにカタカナ語として定着していることに気づき、カタカナ語を日本語だけで説明する辞典を作ろう。と考えました。
プレイヤーはボブの試みに協力して、お題となるカタカナ語の単語を、カタカナ語を一切使わずに他のプレイヤーたちに説明します。
見事、皆に伝わればポイントになりますし、答えを当てたプレイヤーもポイントを得ます。ですが、説明の最中にうっかりカタカナ語を使ってしまって、回りのプレイヤーにそれを指摘されたら、指摘したプレイヤーだけがポイントを獲得します。
ゲームの詳しい内容は下記をご覧ください。
<ボブジテン・寿月すみたや>

ボブジテンはシリーズ化されていて、「ボブジテンその2」、「ボブジテンその3」もございます。
どの作品にも、ボブとともに個性的なお友達が登場していて、お友達が現れた時は「特殊効果」が発令されます。
また、ボブジテンシリーズのお題には、子どもが理解しにくい単語も含まれておりますが、お子様も無理なく遊べる
「ボブジテンきっず」もございます。
ボブジテンきっず,カードゲーム,アナログゲーム,寿月すみたや
<ボブジテンきっず・寿月すみたや>

こちらもおかげさまで大人気で、店頭在庫も残り僅かとなりました。
品切れとなりますと次回入荷時期は未定ですので、ご希望の方はお急ぎください。
(と、ブログを書いている間も注文があり、もう既に殆ど無いのですが・・・)
アナログゲームは、ボブジテン以外にも、ナンジャモンジャ、キャプテンリノ、犯人は踊る、など人気作品がたくさんございます。
三連休の最終日。寿月すみたやは19時まで営業しております。
是非、ご家族でアナログゲームをご覧にご来店ください。
皆様のお越しをお待ちしております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP