雛人形

チェック

人形業界はお節句シーズンが到来し、当店にも連日、全国の職人さんやメーカーさんから、出来上がった人形の胴柄や雛具が納入されて来ています。
これらの品々は、メーカーさんが完成させて納入してくださるので、通常はこのままお客様の元へお届けしても良いはずなのですが、当店ではこれらの品の殆どを、もう一度梱包を解いて確認検品しています。
メーカーさんで見逃している点や、運送途中での破損が無いかをチェックするためです。
メーカーさんで綺麗に梱包されている品を、もう一度解くのは勿体ない気もしますし、また、その手間も甚大です。でも、チェックをしていなかった時代とチェックをしている今を比べると、お客様からのご指摘(いわゆるクレーム)が1/10に減ったことを考えると、手間をかけても確認しなくては。と思っています。
今日も、午前中に納品された品物を検品し終えたのは18時過ぎでした。もちろんお客様がお見えの時は、お相手をさせて頂きますので、暇を見ての作業となります。これから3月頃までは連日このような日が続きます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP