ボードゲーム

みんなでいただきマウス

本日も、ご家族で楽しめるカードゲームをご紹介いたします。夏休みに皆さんでいかがでしょうか。

【みんなでいただきマウス】
対象年齢:8歳以上
プレイ人数:2〜5人

場にどんどん出てくる食べ物(カード)を、他のネズミ(プレイヤー)とは被らないように選びましょう。
他の人と被らなければ「食べ物カード」を獲得できますが、たくさん取れたからと言って安心しないで。
その食べ物をいちばん多くゲットしたネズミは他のネズミに分け与えないといけません!

ゲームがスタートすると、プレイヤー人数+1枚のカードが、置き場に出てきます。
欲しいカードを選んだら「チュー!と宣言」。
全員がチューと鳴いたら、置き場のカードを全員で「せーの!」で指さします。

選んだカードが誰とも被っていなければ、そのカードはあなたのものになります!

誰も取らなかったカードには、毎回新しいカードが追加されて増えていきます。

たまったカード群を指さした場合は、全てのカードをゲットできます。

ゲットしたカードは自分の前に種類ごとに並べていきます。

他のプレイヤーと被ってしまったら…カードをゲットすることはできません。

これをゲーム用語で「バッティング」と呼びます。


ただし「いただきチップ」を持っていれば、バッティングした場合でも優先的にカードをゲットすることができます。「いただきチップ」は、今回バッティングに負けた人のもとへ移動します。

このような感じで
「カードを並べる」→「選ぶ」→「バッティングを確認してカードをもらう」
を繰り返していきます。

場の山札がなくなったら終了。

ゲットしたカードをジャンルごとに全員で比べて、そのジャンルの食べ物ポイントが一番多いプレイヤーは「欲張りさん」となり、その種類の食べ物を左右両隣のプレイヤーに1枚ずつあげなければいけません。

こうして「欲張りさん」からのカードのやりとりが済んたら、欲張りさんから貰ったカードを含めて、獲得したカードの合計点が一番高かったプレイヤーの勝利となります。

ただ沢山カードを集めれば良い訳ではない、さじ加減の難しさが中々悩ましいです。
食べ物カードは欲しいけれど、取りすぎたら最後に取られてしまう。
とはいえ勝負に出なければ中々カードをゲットできない…

他プレイヤーの動向を読みながら、腹を決めて勝負に出ることも必要ですね!

【みんなでいただきマウス】は税込1980円。当店にて発売中です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP