ボードゲーム

ぬりえでゲーム・ブンティクス

本日は、小さなお子さんにも「ぬり絵」感覚で楽しんでいただけるゲームをご紹介します。

【ブンティクス】
対象年齢・4歳以上
プレイ人数・2〜4人

サイコロを振って出た目のマスを塗り、絵の完成を目指すゲームです。

塗り絵シートは4種類あります。

【ゲームその1】
「世界を好きな色に塗ろう」
数サイコロ1つと色サイコロ2つを使用します。
「家」か「気球」のシートがおすすめです。

各自1枚ずつシートを持ちましょう。色鉛筆は共通の道具です。

3個のサイコロを同時に振って、色サイコロの出た目の色どちらかを選んで、数サイコロと同じマス1つを塗ります。

今回は「紫」の色で、「屋根(3の目が表示されています)」を塗ることにしました。

もちろん、もうひとつの色サイコロが示している「青」で屋根を塗ってもOKですし、屋根と同じく「3の目」が記されている「壁」を紫か青で塗ることもできます。

色サイコロが星マークを示した時は、好きな色を塗る事ができます。

最初に全てのスペースを塗り終わった人の勝ちです。

【ゲームその2】
「世界に色を取り戻そう」
虹か花のシートがおすすめです。

色サイコロ、数サイコロともに2個ずつ使います。
4つのサイコロを同時に振って、出た目の好きな色、好きな数のマスを塗ります。
ただし、このルールでは「同じ列はすべて同じ色で塗りつぶさなくてはならない」ので注意が必要です。
なので、場合によっては塗る事ができないターンも出てきます。

上の画像では赤が2列目、青が4列目に塗られていますので、今回サイコロが示している緑と黄色は1列目か3列目にしか塗ることが出来ません。

なので、数サイコロの示す1列目の「2の目」のところに黄色を、3列目の「3の目」のところに緑を塗ることにしました。

こちらも、誰かが全てのマスを塗りつぶす事ができたら、その人の勝利でゲームが終わります。

勝敗をつけなくても、単純にサイコロに従って塗ったらどんな絵になるかな?という偶然性を楽しむだけでも面白いと思います。

ご家庭などでいろんな遊び方ができそうですね。
「ブンティクス」は当店にて発売中です。

税込2200円です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP