アナログゲーム

お菓子の魔女&金庫破りのジギ

こんばんは。節句人形と木のおもちゃ・寿月すみたやです。
7月は嫌というほど降った雨の日々でしたが、8月は晴天が続いています。
そして予想しておりましたが、連日すごい暑さです。
まさに日本の夏。という感じですが、このお盆休み、皆様は太陽の下でバケーションでしょうか。
それとも涼しいお部屋でステイホームでしょうか。
私は暑い社内でひたすらお仕事です。
それはさておき、今日はお客様ご来店の傍ら、スタッフ氏が下ごしらえしてくれたボードゲームを自社サイトに掲載しておりました。
新作はどんどん発表されますが、サイトにアップが中々進みません。
なんとかHABAの人気商品、「金庫破りのジギ」と「お菓子の魔女」のご紹介ができました。
金庫破りのジギ、ドイツHABA社のカードゲーム。
お菓子の魔女。ドイツHABA社のボードゲーム。
どちらも小学校低学年のお子様から遊べる、かんたんなゲームですが、大人が遊んでも十分に楽しめます。
ということは、ご家族で遊んだら、もっと楽しいということです。
「金庫破りのジギ」は、1~52の数字が描かれたカードを使ったカードゲームです。
4つの金庫の下に置かれたカードが、山札のカードより大きいか、小さいかを予想するだけ。
なのに、「沢山取りたいけど、どこかで我慢しないといけない。」というジレンマが付きまといます。
サイコロが示した金庫のカードが、山札のカードより大きいか、小さいかを予想。金庫破りのジギ。
「お菓子の魔女」は、ゲームの外箱を利用して「お菓子の家」を作り、屋根に乗ったクッキーカードを崩さずに取っていくバランスゲーム。
ただ、取ればいいというだけでなく、神経衰弱要素も加わります。
屋根に乗せたクッキーカードを、屋根を崩さないように集めるゲーム。お菓子の魔女。
どちらもドイツ・ハバ社の名作ゲームの復刻版。
詳しい遊び方が気になる方は、こちらをご覧ください。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  
<金庫破りのジギ>

<お菓子の魔女>
寿月すみたやは、お盆の間も9時30分から18時30分まで営業しております。(次のお休みは8/19です。)
お家で退屈したら、ボードゲーム、カードゲームを見に来てください。
遠くへお出掛けの際は、熱中症とコロナに気を付けてお過ごしくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP