雛人形(ひな人形)、五月人形の浜松市・寿月すみたや|スタッフブログ

 

人形屋さんのブログ

 

人形屋さんのブログ

人形屋さんのブログ
フォーム
 
「思いやり」と「生きる力」
2016-04-02
子どもたちの健やかな成長を願うとき、関わり方はとても大切で、そのかかわりはその後の成長に影響を及ぼすことにもなりかねません。先日は、子どもの発達に即した関わりを支えるための学習会に参加しています。
この勉強会は浜松では3年目に入りました。きっかけは大坂での研修でN先生と出会い内容が興味深くてご挨拶させて頂いたことがきっかけです。その後浜松でも勉強会が始まりました。浜松で勉強できる機会を作って頂き有難く思っています。
 
今回は、「思いやり」と「生きる力」を育むための子どもへのかかわりについての内容でした。
子どもの気持ちをおもんばかることで、その子が育ち、生きる力を育んでいくことにつながっていくのですね。
 
学習会では、考え方や受け取り方について良くある事例を基に解説してくださいました。
この日はお片付けについてお話でした。
 
「お片づけ出来ないんです」
 親御さんからのそんな悩みを良く伺います。私自身も、片付けが教えられず悩みの一つでした。ただ、毎日追われていて、子どもの片づけを気にするパワーが無く、そのまま通り過ごしていたような気がしています。
 
子どもたちと接していると、大人の目線では
「できない事」と思われるような場面にたくさん遭遇します。
今日のお話では、このような、何度言っても子どもができないことや、子どもが嫌いなことは無理にさせなくてよいというお話でした。(@_@;)びっくり!
 
N先生によると、大人が子どもに何度言ってもできない事は、その子の容量を超えていると理解するとのこと。
子どもは、なにを言われているのか分からなかったり、どうやってやったらよいか分からなかったりしているのではないかっと考え子どもに合わせて伝えますが、言ってもできないという事は、その子のできること以上の要求をしている事なので無理をさせないことが必要とのことでした。
我が子も、言っても言ってもできなくって、そこにこだわっているとほかのことに進めない毎日でした。親の伝え方も良くなかったのかもしれませんが、日々の流れの中でバランスとりながら、「やろうね」って伝えるけれど、こだわりすぎないようにしていましたが、まさにこのこと!
 
ある保育園の先生がこんなことおっしゃっていました。
「困ったときは何か改善するメッセージ」
こどもは大人の言い方、伝え方が理解できなかったりすることもあるから、
どういう言葉かけがいいのか、どんな言い方がいいのか、どんなタイミングがいいのか
具体的な方法が分からないかもしれないので
モデルとなって示したり、一緒にやってみたりして
何度も繰り返すことが必要だと伺いました。
子どもの気持ちになって考える想像力が必要ですね。 
 
0~1歳さんは自分では片づけはできない様な年頃。
「元の場所に戻そうね」って声掛けしながら
まずは大人が元に戻します。
そして、一緒に元に戻したり、手渡しで「ここにおいてね」分かりやすいように示していくことが必要です。それでもできない事はその子の限界を超えているってことのようです。
子どもの理解、奥が深いです。
0~2歳は まずは親が言葉にしながらやって見せていく時期なんですね。
 
保育園では、この頃根気よく、丁寧に関わることで
2歳以降になると自分でお片付けすることが習慣となっていくとのことでした。
 
我が家の子どもたちどうなんだろう・・・
そういう前に、私が片付けできないのかも(^^;
 反省します。
<保育研修,子育て講座,片づけ,子どもの発達>
 
ホテルオークラの鎧飾はもちろん家康!
2016-03-26
お彼岸が明けて、桜の花もほころび始めていますが、ここ浜松では開花もう少しって感じでしょうか。
今日はすこし肌寒いので桜のつぼみも暖かい春を待っていることでしょう。
 
市内では、五月のお祭りの準備が進んでいます。
浜松は凧揚げ祭りが有名で、それぞれの町では、凧を制作し、糸を付け、会所開きをし、ラッパの練を始めるなどと、準備を整えている時期となっており、大人も子どもも、わくわくしながら過ごしている方が多いことと思います。お店のある連尺町もお祭りの準備が進んでいます。
 
さて、寿月すみたやではホテルオークラさんのロビーに鎧を飾りに参りました。
ホテルでは、ロビーの一角に金屏風と飾台をご用意くださっており、その飾台の上に鎧を飾ることとなりました。
2015年は家康没後400年という事で様々な行事が行われていましたね。
ここ浜松では徳川家康公の鎧飾は根強い人気があります。
緑の毛せんを引いて場を整え、鎧櫃の上に鎧を飾って、最後に兜を乗せ完成です。
鎧飾の後ろには、室内でも楽しんで頂けるように鯉のぼりを飾りました。
 
飾り終えるとすぐに、ご利用のお客様がいらっしゃり興味深い様子でご覧くださっていました。
大河ドラマでも、ご当地の武将など話題になっていますが、歴史好きなかたはお気に入りを探して遠方からもお問い合わせくださっています。お客様の知識は深くて、私などは教えて頂くことばかりですが、お客様のお話しを伺う事は楽しみの一つです。
 
ホテルオークラではブライダルのスペースにも飾らせて頂いています。こちらには、ちょっと変わった鎧武者が集まっています。こちらは、イールズというグループの五月の人形飾です。3階のブライダルものぞいてみてくださいね。
 <五月人形,徳川家康,鎧,寿月すみたや,すみたや,ホテルオークラ>
 
鍾馗さま=夜泣き封じの魔除け飾り=
2016-03-24
鍾馗さま。
 
五月のお節句では、お子様の邪気を祓うと言われ、お子様の健やかな育ちを願ってお子様に贈ります。
最近ではご贈答としてお送りになる方も少なくなり、鍾馗様を作る職人さんも減ってしまいました。私どもの保有しているお人形でも、鍾馗様のお顔を作っている職人さんがいなくなっているメーカーさんもあり、手持ちも数少なくなりました。
 
鍾馗様は、 中国の疫病をふせぐ鬼神といわれています。
唐の玄宗皇帝の病床の夢に 鍾馗と名乗って現れ,病魔を祓(はら)ったので,画工の呉道士にその像を描かせたこと に始まるといわれています。また、楊貴妃の夢に出てきて子鬼を祓ったことがきっかけで病気が良くなった事とか諸説ありますが、子どもの健康を祈って飾ることには変わりまりません。
 
特に、男のお子さんは病気位なりやすく夜泣きにも悩んだという事が多かったようです。そこでその子を守ってもらえるようにと願って飾られました。
今では迷信と呼ばれてしまいますが、怖い顔で、病気や邪気ににらみを利かせて祓い、子どもには健やかに育って貰いたいという願いがこめられています。
<五月の節句,鍾馗,魔除け,夜泣き封じ>
 
ボードゲームにはまりました!
2016-03-21
先日素敵なご夫婦がご来店くださいました。
 
「ボードゲームを探して
イ○ンや、そこらに行ってきたけどなかったんで
探したらここにあるって聞いてきたんです」
 
とご来店くださいました。
探していらしていただけるなんてこんなうれしいことありません。
伺うと
二人でも、大勢でもできるボードゲームをお探しとのこと。
ゲームの詳しいAがご案内をさせて頂きました。
 
きっかけを伺ってみると
ご夫婦のお孫さんがお正月にいらっしゃった時に
ボードゲームを持ってきて、家族みんなでゲームをやったのですが
ゲームに負けてしまってそれが悔しくって・・・
とお話しなさってくださいました。
丁度、お孫さんがゲームを置いて帰ったので
夫婦で毎晩二人でやっているうちに
ハマってしまったとのことでした。
 
お孫さんが、ゲームを返してほしいというので
自分たちで購入しようと販売しているお店を探していたのとのこと。
何件か探して行ったけども販売していなくってなかなか見つからず
やっと「ここにあった!」とご来店くださいました。
 
幾つかのゲームを試してみて
スピードカップスというスピードと空間認識のゲーム、
 スプーキーズというダイスを使うボードゲーム、
楽しめそうなゲームを2種類ご購入いただきました。
 
そのあと、
ゲームナイトにもいらしてくださり
奥様のゲームのセンスと強さに感激でした!
お二人でのゲームも楽しいことと想像しました。
ありがとうございました。
 
<アナログゲーム,スプーキーズ,スピードカップス>
 
御鎧飾 =奉納鎧飾=
2016-03-20
ご紹介する五月人形は奉納鎧飾です。このお飾りは神社に奉納された御鎧飾の五分の一の大きさです。
 
五月飾の鎧や兜は、一般的には源氏の鎧兜を基にアレンジしたりデザインしていると言われています。
そのほかに、博物館や資料館、神社などへの寄贈のお品など保管されている現物の兜を研究し、忠実に縮小再現したものもあります。もちろん、大河ドラマなどで武将が身に着けている鎧をご覧なったことがあるかと思いますが、名将が着用していたものを再現しているものなどがあります。
 
こちらの御鎧飾は、実戦で使ったものとは違い、神社に奉納されたものを五分の一に縮小して制作されている品物で、春日大社が所蔵している御品物の模写です。
「南北朝時代 春日大社所蔵模写 国宝 赤系威竹に雀虎金物鎧 の五分の一の模写」の御鎧飾りです。
 
神社に祈願をし、大願が成就した際そのお礼に神社に奉納していたようで、細工の細かさやデザインなど当時の最高技術を駆使して作られており、そのことで奉納する者の力を示し、権力を表すために贈られたとも言われています。(諸説あり)
こちらは、細工が非常に細かく竹や雀が表現され、五分の一の模写という事でとても精巧に作られています。奉納の飾りのため、兜と胴体の部分のみで、具足などはありません。
 
美術品として飾って頂けるお品で、お節句だけではなく常にお飾りしていただく事も多い品物です。
<五月飾,奉納鎧飾,,赤系威竹に雀虎金物鎧,五月人形>
Internet Explorer8をご利用の場合、印刷時に地図画面がずれることがございます。
最寄り地図をプリントアウトされる場合は、下記のアクセス画面を印刷してください。
株式会社連尺すみたや
〒430-0939
静岡県浜松市中区連尺町309-2
TEL.053-453-8111
FAX.053-452-3877
────────────
 
ひな人形・五月人形
木のおもちゃ
────────────
2020年 3
実店舗営業時間のご案内 
9:00~19:00 (5/5まで無休)
 
 
 
 
<<株式会社連尺すみたや>> 〒430-0939 静岡県浜松市中区連尺町309-2 TEL:053-453-8111 FAX:053-452-3877